【愛用中】ロジクールのm950tレビュー!

こんにちは。わらびです。復旧後一回目の記事になりますね。

今回はロジクールのマウス、m950tについてレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

大のロジクール好きの自分。

自分、かなりのロジクール好きで、とにかくなんでもロジクール製品を使用したがる病です。

ロジクールとの出会いとなった最初に使用した品はMX5500の付属品であるMX-R(Bluetooth)でした。

これが手にフィットする!サイドボタンもあり、フリースピンによる自動高速スクロールにはものすごく感動しました。サムホイールも最初は抵抗がありましたが、慣れればとても便利でした。

解像度も800dpiと当時にしてはふつうくらい。レシーバーも必要なくとても快適でした。(普通のMX-RにはUSBメモリサイズのレシーバーがついている)

が、2011年に故障。保障期限をギリギリ過ぎていたため電機店でセールのため7500円で売られていたG700を購入。プロ仕様のマウスとありましたが、今でいうゲーミングマウスですね。

MX-RからG700へ

サイドボタンが田の字で4つも配置されていて(今だとサイドに11個というなんかすごいゲーミングマウスもありますが・・・)かつ左クリックにもボタンがあり、最初は正直どうなんだろう・・・と思っていましたが使ってみるとなかなかに快適。あまりボタンのカスタマイズなどはしませんでしたが形状と高DPIのため解像度の大きいディスプレイやゲームなどでも快適でした。

しかし、これも2年でチャッタリングが発生。ロジクールに問い合わせてみるとG700は生産が終了したため、全額返金もしくは代替品としてm950との交換を提案されました。

二年も使ったのに全額返金を提示するというロジクールの対応の良さも人気を集めているのではないでしょうか。
ただし、数か月後にG700sが登場したので、現在だと修理交換に出してもG700sへの交換を提案されると思います。

価格的にも上のものだし、せっかくなのでm950と交換することにしました。これが出会いでした。

G700からm950へ、そして最初の印象

G700と比べてほとんど同じサイズのため、するっと受け入れられました。

付属品は充電用microUSBケーブル(かなり品質が良くデータ移動などにも使えました)と

延長USBケーブル(おそらくG700と同じようにUnifying用だと思うが充電ケーブルの延長も可)と

おそらく付属品類をしまうためのキャリングケース(マウス本体は入らない)がついていました。

ついでにG700と同じようにエネループ一本が入っていました。

1ボタンで高速スクロールに切り替えられたり、チルトホイールで変な音が鳴らなかったり、他社のガラス面対応という名のぼったくり品とは違って本当にガラス面でも使えたりと、しっかり丁寧に作られているのが伝わってきて大変好印象でした。

これだけいいマウスなだけあって、リニューアルされた今も人気があるようで、Amazonでは記事執筆時点で2万2000円もするみたいです・・・(中古品の非常に良いでも1万3500円)

そして去年にm950に水をこぼすアクシデント起こしてしまいロジクールに電話してみたところそのm950は破棄していいから、m950t送るね、との返事が!

流石の対応。神様仏様ロジクール様や・・・

m950からm950tへ、そして現在。

というわけでG700→m950→m950tとなりました。

この後も友人が買わせてと言ってきたため1万3000円もらって海外の輸入品のm950tを買ったりといろいろありましたが、m950から使い続けて3年、もうこれ以外はメインで使えません・・・

MX2000も出たので試してみたさはありますが、ぶっ壊れるまで使い続けていこうと思います。

皆さんもMX2000と比較してみた上で、是非購入して使用してみてください!今m950tを買うなら海外の並行輸入品となりますがこちらがおすすめです。並行輸入品のためロジクールではなくロジテックですが、m950tの海外版のため中身は変わりません。

ロジクールは豊富な種類と国内でのサポートの良さ、そして値段相応のコストパフォーマンスが人気を集めているブランドだと思います。

国内メーカーを選ぶのもいいですが、マウスの選択肢としてm950t、いかがでしょうか。

投稿者プロフィール

わらび
わらび

当ブログの執筆者、管理人。現在の使用端末はNexus5X、Latitude E6230、iPad Air2などです。個人、企業からの執筆依頼も募集中です。お気軽にお問合せください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする