AmazonのFireタブレット(2015)レビュー!

こんにちは。わらびです。今回はAmazonのFireタブレット(2015)を先日購入したのでレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Amazonが自信をもって送り出した低価格タブレット

Amazonが2013年あたりからグイグイ押しているKindle Fire HDという端末があります。

Kindle自体は2011年あたりからもうあったのですが、日本に来たのは2012年でしょうか。

ちょっと前は地上波でCMをやっていたりもしましたよ。

今回ご紹介するのはそんなKindle Fire HDではなく、2015年に発売されたFire HD 7の廉価版、Fire(2015)です!

基本的にKindleシリーズはAmazonのコンテンツが気軽に使えるタブレットとして発売されていて、本に特化しているのが電子書籍のkindle paperシリーズで(どこでも本が読める無料3G機能付きモデルもあります、)、Amazonが提供しているコンテンツ全般が使えるほか、普通のタブレットとしても使えるのがFireシリーズです。

そして気になるであろうお値段。

Amazonのプライム会員だとなんと4000円引き4980円で買えるんです!

これだけ安いんだ、何があっても文句は言えんと思いつつも購入しました。

使ってみた感じ。

FireシリーズはFireOSというAmazon独自のOSを搭載していて、基本的にはandroidベースのOSとなっています。

Amazonのストアにもメジャーなアプリはある程度ありまして、パ○ドラとかもあります。一応一通り動きますよ。Google Playストアと比べると致命的なアプリの少なさが目立ちます。

今回購入したのは16GBモデル。容量はゆとりがあるほうがいいですからね。

当日お急ぎ便で注文、7時に注文して16時に届くというアホみたいな速度で届き、いつものでかい箱に入っていました。これをバリバリと破ると中から出てきたのが・・・?

菓子パンみたいなパッケージ。(写真行方不明)

一瞬、あれ?と思うようなパッケージですが、デフォみたいです。お値段故の妥協ですかね。

取り出してみると・・・よかった。ちゃんと入ってた。

取扱説明書(英語と日本語)と機能説明の紙、ACアダプタとmicroUSBケーブル、そして本体が入っていました。

本体の室間はプラスチックなのでチープ。ですが値段を考えると仕方ないでしょう。

タブレットとしてはそこそこ厚めですが、重さは普通。バッテリーは充電済みでした。

いきなり初期設定が終わるとAmazonの広告とともにスリープ解除の画面が出ますが、これは設定から広告OFFにできるようです。あとアカウントは初期から紐づけされていました。

cimg0478

とりあえず、GooglePlayを真っ先に送りました。使えるか心配でしたが、何事もなかったかのようにサクっと設定完了、Playストアのアプリが使えるようになりました。やったぜ。

クロームやドロップボックス、あとパワプロとかをインストールして完全なる趣味機になっています。意外にも性能はNexus7(2012)に匹敵するのでサクサク動きます。

保障にも入っているので、これからじゃんじゃん使いまわしていこうと思います!

まとめ

プライム会員なら4980円で買えるタブレットとは思えないほどコスパがいいです。

性能がネクサス7(2012)に匹敵するタブレットがこの値段ですよ。Amazonの本気、恐るべし・・・

Amazonで非常に安く売られている中華タブレットを買うよりこっち買ったほうがが断然いいと思います。プライム会員じゃなくてもPlayストアを導入して色々な使い道ができるタブレットが約9000円というのはかなりお買得。興味が沸いたら買ってみてはいかがでしょうか。

投稿者プロフィール

わらび
わらび

当ブログの執筆者、管理人。現在の使用端末はNexus5X、Latitude E6230、iPad Air2などです。個人、企業からの執筆依頼も募集中です。お気軽にお問合せください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする