【アキバ】Zenfone5が8,980円だったので即買いしてしまった

5月になりました。九州地方の一部ではもう梅雨入りしたようです。早いですねぇ。こんにちはわらびです。

最近、休みの日には遠出してもっぱら秋葉原の電気街で物欲を満たす日々が続いているんですが、その際に「これは安い!」と思ったスマートフォンを発見したので購入してみました。

スポンサーリンク

Zenfone5が8,980円!

Zenfone5はASUS社(読み方は管理人はえいすーす派です)が2014年7月に発表した格安スマートフォンの当時のミドルレンジモデルです。

現在でも利用者が多く、スペックもZenfone2Lazerとそれほど変わらない上、プラスティックボディにしては持ちやすく、IPS(720p)液晶の見やすさ、LTEのつながりの良さなどから現在でも人気があります。

そんなZenfone5の再生品(新品同様のメーカーチェック品)が秋葉原で一か月の保証までついて8,980円でした。これは買うしかない・・・

ということで買ってきました(´・ω・`)

↑普通の中古でさえだいたい1万円なのに再生品で付属品も全部つくのは相当安いかと。

開封の儀

それではさっそく開封の儀をば。しつこいかもですが、一か月の保証付きで8980円というのはやっぱり安いと思います。

化粧箱にはZenfone5 LTEと書いてありますね。3GのみのIntel Atom版もあるみたいです。

箱を開けると早速機能説明をしているフィルムに包まれたZenfone5がお目見え。4G LTE、Globe Touch、コーニング ゴリラガラス®と書いてありますね。

付属品一覧です。5V2Aの急速充電に対応したAC充電器、そこそこ音質のいいイヤホンマイクが付属しているのもうれしいポイントですね。

本体裏です。プラスティックボディですが、質感もよく、傷もそこそこつきにくそうです。その時の気分でホワイトのモデルを購入したのですが、この後、スマホを裸で使うのにホワイトじゃ汚れと傷が目立ってダメじゃないかと後悔。大人しくケースつけるしかないですね・・・

本体表です。蛍光灯がうつってるのは気にしないでください。

ホーム画面、戻る、アプリ一覧ボタンは印刷されているようです。暗いときに見にくいのが玉に瑕ですね。

Zenfone5のいいところ

  • 5インチと大画面なのに片手でも持ちやすい。
  • メモリ2GB、SoCがSnapdragon 400なので普通に使ってる分には困ることは少ない感じ
  • LTEの掴みとつながりが良く、そこそこ速い
  • Android5.0に更新できる

Zenfone5の悪いところ

  • ZenUIはお世辞にも使いやすいとは言えない
  • プレインアプリが多すぎる
  • 素に近い状態のandroid端末に慣れている人には使いづらいかも
  • スリープ時のバッテリーの減りが多いかも
  • 画面の照度調整のできる範囲が狭い
  • Android5.1、6.0は入らない(Rootを取ってカスタムリカバリを入れればいけるかも?)

総評、まとめ

これだけ見ると悪いところのほうが多いように見えるかもしれませんが、この価格帯で買えるスマートフォンにしてはかなり使いやすいほうに分類される機種だと思います。

Zenfone5は今買うとなると性能面ではZenfone2、Zenfone3などと比べてしまうと見劣りしてしまうかもしれませんが、コスパを重視する人やライトユーザーの方なら今買っても後悔することはない端末だと思いますよ!

投稿者プロフィール

わらび
わらび

当ブログの執筆者、管理人。現在の使用端末はNexus5X、Latitude E6230、iPad Air2などです。個人、企業からの執筆依頼も募集中です。お気軽にお問合せください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする